【弊社セミナー】2018年9月21日(金) 臨床栄養セミナー in 北千住

2018/07/24
by 太陽化学 株式会社

【医療従事者向け】

臨床栄養セミナー in 北千住のご案内                                                                                                                                                                                                「栄養療法の基礎から実践」                                                                                                                                                         

NSTに従事する方々を対象に、特に経管栄養管理の基礎から臨床までのセミナーを開催いたします。

 NST向けの臨床栄養セミナー『栄養療法の基礎から実践』を、北千住で開催させていただくことになりました。 講師には、久留米大学病院 副病院長の 田中芳明 先生 をお迎えし、NSTに必要な栄養管理の知識、特に静脈栄養・経腸栄養管理の基礎知識から実践、各種病態と栄養素の関わりなどについて、基礎と臨床の両面からわかりやすく解説いただきます。

1施設あたりの参加人数や職種は問いませんので、是非お誘い合わせの上ご参加くださいます様お願い申し上げます。

※本セミナーでは、お食事および駐車場をご用意しておりません。何卒ご容赦のほど宜しくお願い致します。

■日時: 2018年9月21日(金) 18:50~20:30 (開場18:20)
■会場: 東京芸術センター 21・22階 天空劇場 東京都足立区千住1-4-1 (北千住駅より徒歩7分)
■定員: 400名  ■参加費:無料
■主催: 太陽化学株式会社
■講師: 田中 芳明 先生

     久留米大学病院 副病院長  医療安全管理部部長・栄養治療部部長
     久留米大学医学部 外科学講座小児外科部門 教授

■内容:「栄養療法の基礎から実践」

 Ⅰ.栄養療法の基礎
  体液の基礎、酸・塩基平衡、輸液療法とリスクマネジメント、栄養素吸収の基礎知識

 Ⅱ.栄養療法の実践
  栄養療法の意義、飢餓時・侵襲時の代謝、TPN・EN管理のリスクマネジメント

 Ⅲ.腸管機能の重要性


セミナーの案内チラシ、FAX申し込み用紙はこちらから⇒(案内チラシ・FAX申込書190KB)

メールアドレスをお持ちの方は、こちらからもお申込可能です⇒「申し込みフォーム」

【弊社セミナー】3月19日(月) 『脳腸相関と腸内フローラ』 内藤裕二先生

2018/03/20
by 太陽化学 株式会社

対象:看護師、薬剤師、栄養士など医療従事者向け】  セミナー開催致しました

『脳腸相関と腸内フローラ』

~短鎖脂肪酸を介した水溶性食物繊維の重要な役割~

私ども太陽化学株式会社では、四日市医師会様のご後援を賜り、医療従事者様向けのセミナーを開催させていただきました。 講師には、消化器病学の専門家であり、腸内細菌・腸内細菌叢(腸内フローラ)の研究で著名な京都府立医科大学の内藤裕二先生をお迎えし、最近テレビの情報番組(NHKスペシャルなど)でも話題の『脳腸相関と腸内フローラ』に関するご講演をいただきました。当日は夜遅くにも関わらず、50名以上の方にご来場いただき、大盛況のうちに終了いたしました。

ご来場いただきました皆様には、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

■講師:京都府立医科大学付属病院 内視鏡・超音波診療部 部長 内藤裕二先生

■座長:笹川内科クリニック 院長 山中賢治先生

■日時:平成30年3月19日(月)19:30~21:00 (19:00受付開始)
■会場:プラントンホテル四日市 3階ダイヤモンドホール 三重県四日市市西新地7番地3号(近鉄四日市駅北口より徒歩3分)
■参加者:54名 
■お問い合わせ:太陽化学株式会社 メディケア事業(TEL:059-340-0818)

■内容:

情報提供:「薬剤に頼り過ぎない自然な排便コントロールを目指して~グアーガム分解物(PHGG)の生理機能~                                                                                                                                        太陽化学株式会社 メディケア事業


講演:「脳腸相関と腸内フローラ」                                                                                              ~短鎖脂肪酸を介した水溶性食物繊維の重要な役割~                                                          京都府立医科大学付属病院 内視鏡・超音波診療部 部長 内藤裕二先生

座長:笹川内科胃腸科クリニック 院長 山中賢治先生

※詳細はこちらをご覧下さい。


~参加者の声~

●腸内環境を整えることが、いかに大事かということが分かりました。

●腸内フローラを整えることで、多くの疾病の予防、改善に繋がる事を知り、目からウロコでした!

●育休中でありますが参加させていただきました。妊娠中、授乳中の栄養の大切さがとても興味深く話が聞けました。ありがとうございました。食事の大切さ、自分自身が良いと思っている栄養のある食事を改めて勉強してみようと思いました。

●便秘がパーキンソン病などの神経症状の発症や、CKDに関係していると知り、驚きでした。CKD患者と関わることが多く、ビフィズス菌のエサになるのは食物繊維であること、腸内フローラを整えることの大切さを伝えていきたいと思いました。

●腸内細菌が様々な病気と関係しているとは驚きだった。非常にためになるお話でした。


【学会】 2018年2月22日(木)・23日(金) JSPEN2018(横浜)

2018/02/23
by 太陽化学 株式会社

第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会

■日時:2018年2月22日(木)・23日(金)
■会場:パシフィコ横浜                                                                                                      ■テーマ:「あらためて腸を考える」

※公式HP:https://www.jspen.jp/jspen2018/


■太陽化学株式会社 展示ブース

パシフィコ横浜  1階 小間番号B-07
新発売 サンファイバー血糖、グアーガム分解物「サンファイバー」シリーズ、 クッキンサプリFe、テア眠を展示いたしました。 ご来場ありがとうございました。 こちら




【弊社セミナー】2018年2月10日 ナースができる!下剤に頼らない排便ケアin品川

2018/02/11
by 太陽化学 株式会社

【ナースができる!下剤に頼らない排便ケアin品川 】 開催致しました

訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、病院・診療所、グループホームなどに従事する方々を対象に、排便ケアについてのセミナーを開催いたしました。特別講演では、コンチネンスアドバイザーとしてご活躍されているNPO法人 日本コンチネンス協会 九州支部副支部長の種子田美穂子先生を講師にお招きし、排便ケアの実践を中心にご講演いただきました。

ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

■日時:2018年2月10日(土)

■場所:TKP品川カンファレンスセンター

■参加者:109名

■受講無料

■主催:太陽化学株式会社

■内容:

情報提供:「気持ちの良い排便コントロールを目指して」                                                                                    ~QOL向上につながるPHGG(水溶性食物繊維)~ 

太陽化学株式会社 メディケアグループ 内田 俊也

特別講演:「今日から実践できる排便サポート」 
~チームで取り組む薬剤に頼らないケア~                                                                                                         

NPO法人 日本コンチネンス協会 九州支部副支部長                                                                                                                    コンチネンスアドバイザー・看護師 種子田 美穂子先生


~参加者の声~

●先生の情熱が伝わり、明日から何か1つでもやってみたいという気持ちになれた。

●排便サポートの重要性、疾患との関係等、非常に勉強になりました。またお願いします。

●理解しやすかった。排便サポートへの情熱を感じました。今日の講義が現場の排便コントロールにすぐに役立てられる。見直しへの一助となりました。

●目からうろこでした。常に下剤に頼っていましたが、今後は今回のお話を参考にさせていただきます。

●職場で便秘に悩む利用者への援助の参考になりました。いろいろなケア方法(知識)で試したいと思えるセミナーでした。有難うございました。

【弊社セミナー】2018年1月26日 臨床栄養セミナーin大阪

2018/01/27
by 太陽化学 株式会社

【栄養療法の基礎から実践 臨床栄養セミナーin大阪】 開催致しました

NST向けの「臨床栄養セミナー」をグランキューブ大阪(大阪国際会議場)にて開催致しました。

講師には、久留米大学病院 副病院長の田中芳明先生をお迎えし、NSTに必要な栄養管理の知識、特に静脈栄養・経腸栄養管理の基礎知識から実践、各種病態と栄養素の関わりなどについて、基礎と臨床の両面から解かりやすく解説いただきました。今回のセミナーも、昨年の東京開催、一昨年の名古屋開催と同様に、定員満席となりました。

ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

■日時:2018年1月26日(土)

■場所:グランキューブ大阪(大阪国際会議場)

■参加者:340名

■受講無料

■主催:太陽化学株式会社

■内容:

情報提供:「高発酵性の水溶性食物繊維」                                                                                    ~グアーガム分解物(PHGG)~ 

太陽化学株式会社 メディケアグループ

西日本チームリーダー 葛山 亜紀

特別講演:「栄養療法の基礎から実践」                                                                                                         Ⅰ.栄養療法の基礎                                                                                Ⅱ.栄養療法の実践                                                                                     Ⅲ.腸管機能の重要性 

久留米大学病院 副病院長 医療安全管理部部長・栄養治療部部長

久留米大学医学部 外科学講座小児外科部門 教授 田中 芳明氏


~参加者の声~

●いつも詳しく、解かりやすいお話有難うございます。この講演、何度か受けていますが、とても勉強になります。

●術後の患者に関わることが多く、欠乏しやすい栄養素、腸管機能などを詳しく説明いただけてよかった。

●田中先生のお話はわかりやすく、また聴講したい。


KIMG0009.JPG

【弊社セミナー】2017年11月28日 排便コントロール勉強会in香川

2017/11/29
by 太陽化学 株式会社

【 排便コントロール勉強会in香川 】 開催致しました

高齢者施設や介護関連事業所に従事する方々を対象に、排便コントロールについての勉強会を開催いたしました。第1部では、全国の医療機関や排泄自立に取り組む施設で広く使用されている高発酵性の食物繊維を用いた排便コントロールの事例などについて情報提供させていただきました。第2部では、社会福祉法人やすらぎ福祉会 特別養護老人ホーム恵風園(神戸市北区)で介護主任兼生活相談員としてご活躍されている米口様をお招きし、同法人のさつき園あきの荘で『おむつゼロ』の運営に至った取り組み内容についてご発表いただきました。

ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

■日時:2017年11月28日(火)

■場所:サンメッセ香川 2F中会議室

■参加者:45名

■受講無料

■主催:太陽化学株式会社

■内容:

第1部

情報提供①:「高発酵性の水溶性食物繊維を用いた排便サポート」                                                                                     

太陽化学株式会社 メディケアグループ 青山 伸彦

情報提供②:「高齢者の便秘」                                                                                                         ~排泄自立に取り組む施設の事例紹介~ 

太陽化学株式会社 メディケアグループ部門長 若生 信久

第2部

実践報告:「自立支援介護への取り組み」                                                                                          ~入居すれば元気になれる施設を目指して~       

社会福祉法人やすらぎ福祉会 特別養護老人ホーム恵風園 介護主任・生活相談員 米口 真人氏


~参加者の声~

●おむつゼロにすることによるメリットが沢山あることがわかった。自分の施設でも取り組みたい。

●便秘は加齢や運動不足が原因だと思っていたが、ためになる内容だった。自立支援介護が在宅復帰の事例になることを聞け、大変勉強になった。

●最後は泣いてしまいました。うちをご利用いただく方も毎日同じ思いをして過ごしているのだろうと思うと、申し訳なくて悲しくなってしまいました。今まで以上に知識と技術を勉強しなければと感じました。

【弊社セミナー】2017年11月11日 ナースができる!下剤に頼らない排便ケアin大阪 

2017/11/12
by 太陽化学 株式会社

【ナースができる!下剤に頼らない排便ケアin大阪】 開催致しました

訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、病院・診療所、グループホームなどに従事する方々を対象に、排便ケアについてのセミナーを開催いたしました。情報提供では、全国の医療機関や老人施設で排便サポートに広く使用されている水溶性食物繊維についてご紹介いたしました。特別講演では、コンチネンスアドバイザーとしてご活躍されているNPO法人 日本コンチネンス協会 九州支部副支部長の種子田美穂子先生を講師にお招きし、排便ケアの実践を中心にご講演いただきました。

■日時:2017年11月11日(土)

■場所:大阪私学会館 4F講堂

■参加者:137名

■受講無料

■主催:太陽化学株式会社

■内容:

情報提供:「気持ち良い排便サポートを目指して」                                                                                    ~QOL向上につながるPHGG(水溶性食物繊維)~ 

太陽化学株式会社 メディケアグループ 西日本チームリーダー 葛山 亜紀 

特別講演:「今日かから実践できる排便サポート」                                                                                                         ~チームで取り組む薬剤に頼らないケア~ 

NPO法人 日本コンチネンス協会 九州支部副支部長                                                    コンチネンスアドバイザー・看護師 種子田 美穂子先生


~参加者の声~

●素晴らしいセミナーでした。参加者も多く、非常に良い勉強会でした。

●排便のフィジカルアセスメントの重要性を改めて知ることが出来た。

●下剤連用に疑問をもっていたので、腸内環境を整えることの重要性を知ることができよかった。1名からでも排泄ケアを見直すため、チームに働きかけていきたい。

●とても良いセミナーを有難うございました。当研修3回目です。再認識できました。今後は、職場のみんなを巻き込みたい。病棟で排便日誌etc実践していきます。これからも病棟で栄養士とともに、頑張っていきたいと思います。

●アセスメントによって対処方法も異なり、結果、問題解決につながることなどとても勉強になりました。

【弊社セミナー】2017年11月4日 ナースができる!下剤に頼らない排便ケアin仙台 

2017/11/05
by 太陽化学 株式会社

【 ナースができる!下剤に頼らない排便ケアin仙台 】 開催致しました

訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、病院・診療所、グループホームなどに従事する方々を対象に、排便ケアについてのセミナーを開催いたしました。情報提供では、全国の医療機関や老人施設で排便サポートに広く使用されている水溶性食物繊維についてご紹介させていただきました。特別講演では、コンチネンスアドバイザーとしてご活躍されているNPO法人 日本コンチネンス協会 九州支部副支部長の種子田美穂子先生を講師にお招きし、排便ケアの実践を中心にご講演いただきました。

ご参加いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

■日時:2017年11月4日(土)

■場所:東京エレクトロンホール宮城 601大会議室

■参加者:104名

■受講無料

■主催:太陽化学株式会社

■内容:

情報提供:「気持ちの良い排便サポートを目指して」                                                                       ~QOL向上につながるPHGG(水溶性食物繊維)~                                                                                     

太陽化学株式会社 メディケアグループ                                                                                                                      グループリーダー 三ツ矢 智美

特別講演:「今日から実践できる排便サポート」                                                                                          ~チームで取り組む薬剤に頼らないケア~       

NPO法人 日本コンチネンス協会 九州支部副支部長                                                                          コンチネンスアドバイザー・看護師 種子田 美穂子先生


~参加者の声~

●排便コントロールについて難しいと感じることが多くあり、改善、解決のきっかけになる内容でした。今まで本日のような講義を受けたことがなかったので、非常に良かったです。

●下剤に頼り過ぎない排便がわかりやすい説明でした。アセスメントの大切さを再認識しました。今後のケアに役立てていきたいと思います。

●具体的に排泄ケアの方法を教えていただけ、すぐに実践してみたいと思いました。

●下痢がある患者様に対するアセスメントが不足していることに気がつきました。栄養士として、きちんと他職種に提案できるようにしていきたいと思います。



【公開セミナー】11月18日(土)『看護師のための自立支援介護』竹内孝仁先生 聖隷クリストファー大学公開セミナー2017

2017/10/12
by 太陽化学 株式会社

【対象:看護師の方、テーマに関心のある高校生・大学生、保護者、介護従事者、教員、一般の方専門職の方、学生の方などどなたでも】

聖隷クリストファー大学 社会福祉学部 介護福祉学科公開セミナー2017

『看護師のための自立支援介護』

■内容:
自立支援介護に取り組む施設では、
高齢者に多い(誤嚥性)肺炎や骨折の発生が1/3以下に減りました。
また、終末期として看取りの対象となった高齢者の約半数が元気を回復しました。
これらは自立支援介護の現場で次々に起こる現象で、
疾病の経過や生命余後に関する伝統的な医療看護観が覆されています。
臓器の異常、臓器連関などと
自立支援介護による全身の活動性との相互影響のなせるわざといえましょう。
疾病の経過に自立支援介護が影響を与えるとしたら、
看護としても関心を持たざるをえません。
多くの事例をもとに「新しい看護」への問題提起を行います。

■講師:日本自立支援介護・パワーリハ学会 会長 竹内孝仁先生(国際医療福祉大学大学院 教授・医学博士)

■日時:平成29年11月18日(土)13:30~16:00
■会場:遠鉄百貨店新館8階 えんてつホール 静岡県浜松市中区旭町12-1(JR浜松駅より徒歩1分)
■定員:500名 ■受講無料(要事前申し込み 定員になり次第受付終了)
■主催:聖隷クリストファー大学 社会福祉学部 介護福祉学科
■後援:静岡県、浜松市、浜松市教育委員会、静岡県介護福祉士会、愛知県介護福祉士会、岐阜県介護福祉士会、静岡県社会福祉士会、静岡県医師会、静岡県老人福祉施設協議会、静岡県老人保健施設協会

詳細案内お申込みはこちらからどうぞ
https://www.bousai.seirei.ac.jp/opencampus/seminar/form.php?CN=205303


【公開セミナー】12月2日(土) 『地域包括ケアシステムにおいて自立支援介護が果たす役割』 聖隷クリストファー大学公開セミナー2017

2017/10/11
by 太陽化学 株式会社

【対象:一般の方、専門職の方、学生の方などどなたでも】

聖隷クリストファー大学 社会福祉学部 介護福祉学科公開セミナー2017

『地域包括ケアシステムにおいて自立支援介護が果たす役割』

■内容:
超高齢社会におけるまちづくりとして、地域包括ケアシステムの構築が進んでいます。
地域住民の主体的参画や多職種連携などが求められていますが、その核になるのは「自立支援」です。
地域住民と福祉医療の専門職者が「自立支援」について共通認識をもつことこそ、
地域包括ケアの第一歩です。
このセミナーでは「要介護高齢者への自立支援」の本質に迫ります。


■講師:古川和稔 教授(聖隷クリストファー大学 社会福祉学部 介護福祉学科 教授・博士/医療福祉学)

■日時:平成28年12月2日(土)14:00~16:00
■会場:プレスタワー静岡新聞ホール 静岡県浜松市中区旭町11-1(JR浜松駅より徒歩3分)
■定員:280名 ■受講無料(要事前申し込み、定員になり次第受付終了)
■主催・お問い合わせ:聖隷クリストファー大学 社会福祉学部 介護福祉学科
■共催:静岡県介護福祉士会、えんしゅう介護福祉サービス研究会

詳細案内お申込みはこちらからどうぞ
https://www.bousai.seirei.ac.jp/opencampus/seminar/form.php?CN=205320


最近の投稿 最近の投稿